不動産の内覧のポイント

不動産物件の内覧とは

不動産売却の内覧にむけて

不動産売却の内覧には、万全の対応を心掛けるべきです。不動産は高い買い物です。購入希望者も、細かなところまチェックしていきます。また逆に、相手を知ることのできるチャンスでもあります。こちらも心に余裕をもって、迎えましょう。もし居住しながらでしたら、普段からなるべく生活感のない家を心掛けます。決まるまでは、どのぐらいの期間かかるかわかりません。物を少なくする、掃除を欠かさないを徹底します。同じ間取りでも、なるべく全体を広くみせる工夫をしていきます。イメージはショールームなどをお手本にするとよいです。

私は40代の会社員女性です。一生1人かもしれないと思い20代の頃に不動産に関することをいろいろ調べてマンションを購入しました。しかし予想外にご縁がありこのたび結婚することになり、相手の方も持ち家があるので賃貸にしようかなとも迷ったのですがマンションを売却することにしました。けっこう立地もよくきれいに使っていたので内覧されたお客様のみなさまからも好評だったそうで、すぐに契約となりました。担当してくれた不動産会社の営業の方も親切だったし、繰り上げ返済をしてローンは完済していたので思っていた金額で売ることもできたので大満足の結果になりました。