ライフスタイル変化と住宅

時代の変化に合う住宅

資産形成のための住宅を建てる

子供が成長し、独立、結婚など、一つの世帯は次々と暮らし方が変わっていきます。子供が小さい時に建てた住宅も、何年かすると老夫婦二人だけになる、という状況は珍しくありません。老後の資金や、次世代に資産を引き継ぐ場合など、様々な準備が必要となります。こんな時、将来の資産形成に役立つ一つの選択肢が、賃貸併用住宅を建てる事です。賃貸併用住宅のメリットは、まず安定した家賃収入と節税対策、二世代或は三世代家族が一つ屋根の下に暮らせること、さらに近年の建築技術の進歩により、最上階での快適な暮らしを満喫できることです。

マンションのメリットを知る

マンションを購入する時は、戸建てとは違って、土地の値段は居住者と分割して支払うため、土地代を安くすることができます。同じグレードの戸建てとマンションを比べると、戸建てに比べると駅周辺などの利便性の高い場所をリーズナブルな価格で購入できるので、多くの人が購入を検討しています。比較的新しい物件を選ぶようにすると、耐震性や耐火性、気密性などに優れているため、冬の寒い時期でも快適に生活ができます。日当たりが良好な物件は洗濯物が早く乾きますし、駅周辺の物件を選ぶようにすると買い物などに便利です。